GZホルダーについて

  1. トップページ  >
  2. 腰ストレスのしくみとラクナール  >
  3. ラクナール各種エビデンス

科学が立証するラクナールの有効性

ラクナールでコノミークラス症候群(旅行者血栓症)予防!

飛行機などの乗り物に乗っているとき、座ったままで長時間過ごすと下肢が圧迫され、静脈のうつ対滞と水分不足で血液粘度の上昇が起こります。それがきっかけとなって血のかたまり(血栓)ができ、血管壁に付着。血栓が出来た状態で立ち上がって歩き出すと、下肢の静脈の血液が勢いよく流れ、血栓が血流にのって移動し、肺にある細い血管をつまらせてしまいます。これがエコノミークラス症候群(旅行者血栓症)。
最悪の場合は、血栓が脳に移動して血管を閉塞させれば脳塞栓、心臓の血管を閉塞させれば急性心筋梗塞となり、死に至ることも。

特に下肢の静脈は心臓から遠く、より血栓ができ易い状況にあります。
下腿の静脈血を心臓まで押し上げるには下肢の筋肉の収縮による筋ポンプが関係します。下肢の静脈の内側には血液が下にさがらないように弁があり、筋肉の収縮により上に上に押し上げられていくのです。長時間足を動かさない状況ではこの筋ポンプがあまり働かず、下肢の静脈の流れが滞り血栓ができ易くなります。
また静脈の鬱血で下肢の静脈圧が上昇し静脈の外に血漿成分がもれ出てくることにより足はむくみ、下肢の静脈血量が減ることによりさらに血流は低下します。

エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)を予防するには、こまめに水分を補給することと、下肢の軽い運動を行うこと。でも、飛行機内ではやたらに歩き回ると危険。もちろん長距離バスや新幹線内でも同じです。
そこで活躍するのがラクナール。ラクナールならそのサポート力によりむくみを軽減すると同時に、座ったままで下肢の運動ができます。さらにラクナールをつけていると、下肢の酸化が約2.4倍増加するという研究結果も示されました。簡単にいうと血行が改善することで、下肢へ酸素が多く行き渡るのです。長時間座りっぱなしの旅行には、ぜひラクナールを連れて行ってください。

  • ラクナール運動の血行効果
  • 治療家・医療者向け資料
  • 「代々木病院」症例と経過
  • 椅子に於ける脊柱筋活動及び疲労度(ストレス)比較
  • ラクナールの効果検証実験
  • ラクナール腹筋と大腿四頭筋効果検証実験
  • 腰ストレスはどうしておこるの?

    詳細を見る

  • 腰ストレス・骨盤・姿勢ケアにラクナール

    詳細を見る

  • ラクナール各種エビデンス

    詳細を見る

  • ウエストすっきりラクナールダイエット

    詳細を見る

  • ひざ用ラクナールで百歳まで歩こう

    詳細を見る

  • トップページへ戻る
  • ラクナール開発物語
  • 腰ストレスのしくみとラクナールの有効性
  • 医療従事者の声
  • ラクナール・ヨガ
  • ご愛用者様の声
  • 治療家・医療者向け資料
  •                     
  • トップ通商のネットショップ
  • アマゾントップ通商ショップ
  • 私達も使っています
  • メディア掲載
  • 日本ラクナールライセンス協会
  • ラクナール腰すっきりモニター募集!

ページの先頭へ戻る