GZホルダーについて

  1. トップページ  >
  2. ラクナール開発物語

ラクナール開発物語

宇宙飛行士も絶賛!アメリカで100万本の売り上げ実績!

マーシャ・アイビンスの宇宙遊泳中、装備して腰を守っています。
推奨の言葉
宇宙飛行士 マーシャ・アイビンス
マイクロ重力4~5G「体重の4倍から5倍負荷」による腰ストレスからシャトルの乗組員を解放させた。

宇宙飛行士の筋力低下率を比較すると、地上にいる時と1~2週間の宇宙飛行後では腰部背筋が23%と最も大きく、ひざ関節伸展筋が12%、腹筋が10%、足関節背屈筋が8%です。また筋持久力を飛行前と比較すると大腿四頭筋が15%、ハムストリングスが12%低下します。(※「宇宙飛行士による骨・筋の影響と宇宙飛行士の運動プログラム」大島博、水野康、川島紫乃、著より)

宇宙飛行士は地上に戻ると紙一枚が重たく、足が上がらない、階段が登れないという症状が起こるのです。だから宇宙飛行士が地上に戻り最初に行うリハビリは腰から。このような宇宙飛行士の筋力低下を抑え、腰まわりの筋肉を落とさないように、また筋力維持のトレーニングでも使用されました。

開発リーダーDr.TOSO自身も20年間慢性腰ストレスに悩まされ、様々な治療を施していましたが、治ってはまた再発の繰り返しで完治せずに悩んでいました。彼は自分で治す効果的方法はないかと一念発起して、整形外科やカイロプラクター、針灸師、マッサージ師に協力を求め総勢30人の研究チームを立ち上げました。まず最初の取組は原因究明することから。腰ストレス患者30,000人からストレスの特性データを取ると、90%が筋肉ストレス[筋硬結、筋肉の拘縮]であることが解りました。

次に腰まわりの筋ストレスを解消する為に、腰部に様々な装具[コルセット、腹巻タイプベルト、ロープ、ゴムなど]を使用し、ストレス解消試験を繰り返し患者に行いました。その結果、「骨盤から膝に掛ける方式」タイプが最も改善効果の高いことを発見。世界13ヵ国で特許を取得した後、3年の月日を費やして試作第一号が完成。この試作品は宇宙飛行士マーシャ・アイビンスにより実際にスペースシャトル内無重力の宇宙空間でテストが行われました。その結果「膝掛けタイプ体幹装具」をつけている時が、腰が一番楽であること、帰還後のリハビリにおいても腰まわりの筋力の回復が早いことが解りました。
この「膝掛けタイプ体幹装具」はやがて米国「ナダコンセプト社」より発売され、病院やカイロ、医療施設で活用。ニューヨークタイムズをはじめニューズウィークなど多くのメディアに取り上げられ、全米で発売以来100万本を売る大ヒット商品になりました。まさに腰ストレス患者の救世主になったのです。※現在は日本をはじめ、世界7カ国で特許を取得しています(日本特許№特許第5319680号)

株式会社トップ通商が日本販売総代理店。

この米国で開発された「膝掛けタイプ体幹装具」。アメリカの筋電図療法の父と言われるジェフリー・クラウン博士が「膝掛けタイプ体幹装具」と「椅子」との関係をテストした論文を輸入元であるジェイ・ワン・プロダクツが発見。日本国内の腰痛患者、推定1200万人の救世主になるようにと輸入を開始し、(株)トップ通商が日本総代理店として販売を行うようになりました。
さらに改良を重ね「腸腰筋リラックスベルト ラクナール」と命名。現在は正しい姿勢をサポートしながら腰ケアを実現する注目商品として様々な分野で活躍中です。さらにラクナールを使用しながらを体操をすると、気持ちよく効果的な運動ができます。

  • トップページへ戻る
  • ラクナール開発物語
  • 腰ストレスのしくみとラクナールの有効性
  • 医療従事者の声
  • ラクナール・ヨガ
  • ご愛用者様の声
  • 治療家・医療者向け資料
  •                     
  • トップ通商のネットショップ
  • アマゾントップ通商ショップ
  • 私達も使っています
  • メディア掲載
  • 日本ラクナールライセンス協会
  • ラクナール腰すっきりモニター募集!

ページの先頭へ戻る